性感染症(STD)検査

ブライダルチェックでは
妊娠や出産に影響を与える病気がないか
いくつかの性感染症検査を行います。
※結婚の予定の有無にかかわらず
いつでも受けることができます。
※男性検診(ブライダルチェック)は
不妊検査「精液検査」のみ
性感染症は早期に適切な治療を受けなければ
後遺症として男女ともに不妊症を生じたり、
妊娠中、母子感染症にかかると
お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすことがあります。
(流早産や先天疾患、発育遅延など)
そういった後遺症は
その後の人生に大きな影響を与えるということを
忘れないでください。
gahag-0075538880-1
主な性感染症
「HTLV-1」
「B型肝炎」
「C型肝炎」
「B群溶血省連鎖球菌(GBS)」
「性器クラミジア」
梅毒
「HIV感染症」
性感染症は感染している人との性行為により
病原体を含む精液や腟分泌液、
血液などが、口や性器の粘膜、
皮膚などに接触することで感染します。
近年急増する梅毒
近年、梅毒の届出数が急増傾向にあります。
特に20代前半の女性を中心とした患者数増加が
新たな問題となっています。
感染初期には症状がないことが多く、
自らの感染に気づいていない
潜在的な患者数はもっと多いと考えられます。
「無症状」だから検査を受けるしかありません!
検査を受けなければ
感染しているかどうかはわかりません。
心配な方はためらわずに検査を受けて下さい。
定期的な検査が早期発見・治療に有効!
性感染症が原因の不妊症は防ぐことができます。
定期的な検査によって早期に発見し、
適切に治療さえすれば、
不妊症に至るまでに治すことが可能です。
パートナーと一緒に検査を受け
お互いが健康であることを確認しあいましょう!
感染のリスクのある性行為をしてしまった等
気になることがあればためらわず受診しましょう。
必ずパートナーも一緒に検査を行い、
必要があれば治療を受けましょう。
※男性は泌尿器科に受診してください。
さらに詳しい検査をご希望の方には
「不妊症・初期検査」がございます。
診察時に医師にご相談下さい。
ブライダルチェックに関して
ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。
前田産婦人科
〒276-0032
千葉県八千代市八千代台東1-6-17
TEL:047-484-1330
広告

コメントは受け付けていません。

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑