妊娠中の感染症 ~風しん ~

~ 風しんについて ~
風しんは、飛沫感染により感染し、
潜伏期は通常2~3週間です。
主な症状
「発熱・倦怠感・発疹」
 風しんに免疫のない妊婦さんが
妊娠初期から中期に感染すると、
胎児が先天性風疹症候群を発症する可能性があります。

7878

~ ワクチンで確実に予防しましょう ~
以下に該当する方で、
明らかに風しんにかかったことがある、
予防接種を受けたことがある
又は風しんの抗体検査で
陽性(低抗体価でない)と確認された方以外の方は、
予防接種を受けることをお勧めします。
妊婦(抗体陰性又は低抗体価の方に限る)の配偶者、
子ども及びその他の同居家族
10代後半から40代の女性
(特に、妊娠希望者又は妊娠する可能性が高い方)
産褥早期の女性
妊娠中は風しんワクチンを受けられません。
妊娠前にワクチンを受けておく必要があります。
妊娠希望者の方は
ご夫婦での接種をお勧めします。
同時に妊娠する可能性のある女性の
同居家族の方のワクチン接種もお勧めします。
※ワクチン接種後、
女性は2ヶ月間の避妊が必要となりますが、
もし妊娠が判明した場合でも
先天性風疹症候群の報告はなく、
妊娠は継続してもよいとされています。
~ その他の予防法~
外出後の手洗いやうがい、
咳エチケットなどに気をつけましょう。
急な全身性の発疹や発熱などの症状があらわれたら、
早めに受診しましょう。
(受診の際には必ずマスクを着用)
~ ワクチンは最も効果的な予防策 ~
妊娠適齢期の方や予防接種歴不明の方は、
医師にご相談ください
風しん 関連サイト
厚生労働省HP
国立感染症研究所
前田産婦人科 産科・婦人科
〒276-0032
千葉県八千代市八千代台東1-6-17
TEL.047-484-1330

 

 

広告

コメントは受け付けていません。

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑