妊娠中の旅行について

妊娠中の旅行(マタ旅)について
安定期(妊娠16週~28週)に入り
体調が良ければ大丈夫ですが妊娠中
「絶対に大丈夫」といえる時期はありません。
自分の体調をよく確認しながら、
旅行時期やプランを考えましょう。
体調が悪くなったら
「中止・キャンセル」する勇気を持ちましょう。
違和感を感じたらひどくなる前に、
予定を変更し、帰宅するようにしましょう。
IMG_5859
体調が悪くなったら
旅行先の病院へ駆け込めばいいという、
安易な考えは絶対におやめください。
旅先の産院・医療施設を
チェックしておくことは大切なことですが
旅先で救急処置が必要な場合
近隣病院が必ずしも
受け入れてくれるとは限りません。
近年、分娩を取り扱う病院が
全国的に減少しており
自院の受け持ち患者さんの処置中であったり
ベッド満床といった理由や
医師不足の病院、産院で
救急搬送の受入を断るケースが
増えているのが現状です。
もし、旅先で切迫早産での入院や
緊急帝王切開が必要になった場合
カルテ(情報)がない状態で
分娩を行うことになり
受け入れ側の医師や病院の負担が大きくなる
ということを忘れないでください。
そういったリスクを考えたうえで
旅行先・プランを決めましょう。
海外旅行はおすすめしません。
医療体制の異なる海外では
言葉の問題、保険、医療費の問題の他にも
様々なリスクが考えられます。
Exif_JPEG_PICTURE
海外旅行は避けていただくのが無難な選択です。
旅行の計画を立てる前に、
必ず医師に相談しましょう。
「安定期は安全な時期」
というわけではありません。
安定期であっても、
妊娠経過が順調であっても
トラブルが起きないとは限りません。
他の人が大丈夫だったから
「自分も大丈夫」と過信しないこと。
最終的には、
旅行当日の体調次第ということと
その時の判断は「自己責任」であることを
忘れないでください
前田産婦人科
〒276-0032
千葉県八千代市八千代台東1-6-17
TEL:047-484-1330
広告

コメントは受け付けていません。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑