葉酸サプリメントのご案内

~ ママと赤ちゃんに必須の栄養素「葉酸」~
妊娠期に欠かせない栄養素として
注目されている「葉酸」
国が推奨していることもあり、
ご存知の方も多いかと思います。
~「葉酸」~
水溶性ビタミンB郡の一種で
「赤ちゃんのためのビタミン」と呼ばれています。
ほうれん草の葉から発見されたことにより
「葉酸」と名付けられました。
葉物をはじめとする
「緑黄色野菜」「豆類」「レバー」などに多く含まれます。
ビタミンB6やビタミンB12と共に
「動脈硬化」を起こす原因でもある
「ホモ システイン」を減らしたり、
ビタミンB12と共に赤血球を作っています。
「細胞分裂」「DNAの合成」に不可欠で
「血をつくるビタミン」
とも言われる大切な栄養素であり、
妊娠中の摂取量は通常の倍とされています。
※通常の必要量は200μg
妊娠中に必要な葉酸の必要量は約400μg
400μg = 0.4g
~ 葉酸不足/葉酸欠乏症 ~
葉酸が不足すると
「ホモシステイン」が血中に蓄積し、
「動脈硬化」の要因となります。
他にも造血機能が異常を来たし、
「巨赤芽球性貧血(悪性貧血)」「神経障害」
「腸機能障害」等がおこります。
特に妊娠中は赤ちゃんを作るため
通常の2倍の「葉酸」が消費されます。
「葉酸」は赤ちゃんの細胞を増やし、
臓器の形成において欠かせない栄養素です。
~ 葉酸不足が胎児(赤ちゃん)に与える影響 ~
「胎児」の「神経管閉鎖障害」の
リスクがあると報告されています。
妊活中から妊娠4ヶ月まで意識して
「葉酸」を摂取することで
「ダウン症」「神経管閉鎖障害」など
先天性疾患のリスクを軽減させるだけでなく
「貧血予防」や「母乳」の質向上などにも働きかけます。
※2000年より妊娠していなくても
妊娠を計画している女性に対して
400μg以上の葉酸の摂取を推奨しています。
~ 葉酸を効率よく摂取 ~
「葉酸」を含む食品は多くありますが
熱や水に弱く調理段階で破壊されてしまい
食事から摂取するのは困難です。
そのうえ吸収率が悪く
摂取しにくいということが一番の欠点です。
「葉酸」は「水溶性の栄養素」なので、
尿や汗などで流れ出てしまいやすく、
摂取量に対して、50%程度しか吸収されません。
その為、「葉酸」が大切な妊娠前や妊娠時には、
食事に加えて「サプリメント」での摂取が推奨されています。
75d6130843eede902170ddc47201227b
「葉酸サプリメント」
妊娠時に必要な栄養素を配合した
プレナタルサプリメント
エレビット elevit (バイエル薬品)
~ 「葉酸サプリ」を飲む重要期間は? ~
上記でも説明したように
妊娠前から「葉酸」を摂取することにより
「経管閉鎖障害」「悪性貧血」などの
発症率が高くなるリスクを軽減するとともに
「産後の子宮の回復力の向上」
「母乳の質向上」にも効果があることから
妊娠前~妊娠初期のみでなく産後や授乳期に関しても、
葉酸サプリを摂取することが望ましいです。
※時期によって推奨される摂取量が異なります。
※厚生労働省は、
妊娠の可能性がある女性は
1日400μgの「葉酸」を
「サプリメント」「強化食品」から摂取することを推奨しています。
日本人の食事摂取基準(2015年版)/厚生労働省
前田産婦人科 産科・婦人科
〒276-0032
千葉県八千代市八千代台東1-6-17
TEL.047-484-1330

 

 

広告

コメントは受け付けていません。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。