更年期外来

~ 更年期外来について ~
「最近、疲労感が抜けない…」
「なんだか不安でイライラする… 」
「気分が落ち込む…」
「顔、身体がほてる」
「汗がどっと噴き出す」
そんな身体の不調や変化はありませんか?
それは「更年期」のサインかもしれません。
pregnant-woman-2404020_960_720
 □□ 更年期とは □□
閉経をはさんだ前後「約10年間」のこと。
個人差はありますが、
日本人の場合、閉経年齢は50歳前後なので、
40代後半~50代前半の時期を指します。
閉経が近づくと卵巣のはたらきが低下し、
女性ホルモンの一つである
「エストロゲン」の量が急激に減少することで
身体におこる、さまざまな症状を
総称して「更年期症状」とよびます。
日常生活に支障をきたす症状のことを
「更年期障害」と言います。
□□ 主な更年期症状 □□
ほてり・のぼせ・息切れ・動悸・冷え性・めまい
外陰部掻痒感・ひりひり感
不眠・疲労感・イライラ・憂鬱等
女性の一生に深く関わる女性ホルモン
□□ 女性ホルモンとは □□
女性の体調を左右する2種類のホルモン
卵巣では、『エストロゲン(卵胞ホルモン)』と
『プロゲステロン(黄体ホルモン)』がつくられます。
生理は女性ホルモンの分泌量の変化によって起こります。
この2つのホルモンの分泌量のバランスによって
女性の心と身体の健康は保たれています。
加齢により卵巣の機能が低下すると、
女性ホルモンのバランスが乱れ
女性の体に様々な影響(不調)を及ぼします。
このホルモンバランスの乱れが、
「更年期症状」の原因と考えられています。
原因は加齢によるものとは限らない!?
 「更年期障害」を起こす女性ホルモンの減少は、
加齢だけではなく、
ストレスや環境によって起こることも多く
近年では30代後半~40代前半の女性に、
更年期によく似た症状を訴える
「プレ更年期」「プチ更年期」が増えています。
「プレ更年期」「プチ更年期」とは
まだ閉経ではないのに
更年期障害のような症状が出てきてしまうことです。
ストレス、食生活の乱れ、環境ホルモンの影響などから、
ホルモンバランスが乱れてしまうのが原因です。

身体と心の転換期

女性なら誰でも訪れる「更年期」
「いずれ収まる」と軽視したり
ひとりで悩まず、早めにご相談を。
女性の一生をサポート!
婦人科は妊娠や出産に関わることだけでなく
一生お付き合いするところだと思ってください。
更年期・プレ更年期かも?と思ったら、
一人で悩まず、医師にご相談ください。
■■■ 更年期外来 ■■■
□□ 診療時間 □□
月・水・金 PM15時~
更年期障害の治療法
漢方薬療法
ホルモン補充療法 (HRT)
プラセンタ療法 (注射 / 保険適用・内服)
「更年期障害」には自然治癒力を高める
「プラセンタ」が効果的です。
プラセンタ療法の特徴として
自然治癒力の増大があります。
また副作用が少ないのも特徴です。
更年期障害のみならず、
骨粗鬆症、高脂血症・萎縮性膣炎など
上記の症状にお悩みの方は
お気軽に医師にご相談ください。
前田産婦人科
〒276-0032
千葉県八千代市八千代台東1-6-17
TEL:047-484-1330

 

 

 

 

広告

コメントは受け付けていません。

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。