子宮頸がん検診 Q&A

子宮頸がんについてのQ&A

gahag-0063765097-1

Q.「子宮頸がん」「子宮体がん」の違いは?
A.女性特有のがん「子宮がん」は、
「子宮頸がん」「子宮体がん」の2種類があります。
子宮の奥の方にできるのが「子宮体がん」
子宮の出口、子宮頸部の粘膜にできるのが「子宮頸がん」
発生する場所の違いだけでなく原因、がん細胞の形、
発生年齢なども異なります。
Q.子宮頸がんの原因は?
A.「子宮頸がん」は「HPV」
(ヒト・パピローマウイルス)の感染が原因
このウイルスは性行為などによって感染します。
感染自体は決して珍しいものではなく
多くは自分の免疫機能により
自然に体外に排除されますが
何らかの原因によって
ウイルスが子宮内に留まってしまうと、
その一部が「子宮頸がん」を
引き起こすとされています。
Q.感染すると自覚症状はありますか?
A.”子宮頸がん”は
ある程度進行するまで症状が出ません。
主な初期症状として
「性交時の出血」 「不正出血」 「おりものの異変」
があります。
Q.早期発見はできますか?
A.検診をすることで予防、早期発見が可能です。
「子宮頸がん」は検診によって
発見されるケースがほとんどです。
検診を受けていれば、早期発見、
早期治療が可能となる為
定期的に受診することが大切です。
Q.子宮がん検診内容と方法は?
A.基本的な流れは「問診・視診・細胞診」
「子宮頸がん」の検診は、
細胞診といって、子宮頸部をこすって
細胞を採取し、顕微鏡で検査します。
ほとんど痛みは無く、短時間ですみます。
Q.検診費用は?
A.市区町村が実施しているがん検診には、
検診費用の補助(クーポン)があります。
ご自身のお住まいの市区町村によって
自己負担する金額は異なります。
詳しくは各自治体にお問い合わせください。
「子宮頸がん」や検診についてこちらもご覧ください
子宮頸がんの予防啓発 プロジェクト「ハロースマイル」
知っておきたい「がん検診」
前田産婦人科 産科・婦人科
〒276-0032
千葉県八千代市八千代台東1-6-17
TEL.047-484-1330

 

 

 

広告

コメントは受け付けていません。

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。