クアトロテストのご案内

~ クアトロテストのご案内 ~
当院では「出生前診断」として、
クアトロテストを行っております。
~ クアトロテストとは? ~
( 母体血清マーカー検査 )
お母さんの血液中にある4種類の成分を測定し、
胎児(あかちゃん)が染色体や神経管の
異常である確率を算出するスクリーニングテスト。
胎児(あかちゃん)に
以下の疾患の「確率」がないか調べる検査です。
「ダウン症候群 / 21トリソミー」
「エドワーズ症候群 / 18トリソミー」
「開放性神経管奇形」
~ ダウン症候群とは? ~
新生児にもっとも多い「遺伝性疾患」
21番染色体が3本あることにより、
「精神発達の遅れ」「特徴的な顔貌」「多発奇形」を示す
先天性「染色体異常」の疾患群
~ ダウン症児の出生率 ~
20歳 1/1667
25歳 1/1250
30歳 1/952
35歳 1/385
40歳 1/106
45歳 1/30
日本では新生児1000人に1人の割合でみられます。
お母さんの年齢が高くなるほど出生頻度も高くなり、
近年の高齢出産の増加に伴い
頻度は高くなる傾向にあります。

5555

~ 検査時期と検査内容 ~
◆ 検査時期 ◆
妊娠15週~18週
(15週0日~21週6日まで可)
◆ 検査期間 ◆
約2週間
(米国で検査を行うため日数がかかります)
◆ 費用 ◆
20,000円(自費)
※H25年8月1日より改定
採血のみの出生前診断
少量の血液から診断することができます。
検査による流産の危険性、母子への負担はありません。
~ クアトロテストの注意点 ~
クアトロテストはあくまで
「確率を予測する検査」なので確定診断ではありません。

05824d7ed1fa8678b74cfc99a86862b0

クアトロテストの検査結果によっては
さらに羊水検査を受ける可能性があるので
妊娠17週までに受けるよう推奨されています。
※当院では35歳以上の方に
クアトロテストをお勧めしてますが
年齢を問わず希望される妊婦さんは全員受けられます。
※クアトロテストの結果が「スクリーン陽性」
高確率で陽性場合、より検査精度が高い
羊水(染色体)検査をお勧めします。
※ご希望に応じて、最初から羊水検査を行うことも可能です。
クアトロテストの結果はあくまで「確率」なので、
正確な診断はできませんが
これまでの経験からいえば、
検査の信頼性は高いと考えます。
検査を希望される方は、
診察の際、医師にご相談ください。
前田産婦人科 産科・婦人科
〒276-0032
千葉県八千代市八千代台東1-6-17
TEL.047-484-1330

 

 

 

広告

コメントは受け付けていません。

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。